それぞれを好きになり

以前実家の小屋のケアを行いました。父さんが亡くなり3時世もたち誰も制するそれぞれが居ないので仕方なく行いました。
始末には奥様も同行し順調に進んでいました。そうして裏から「私の」って書かれたダンボールが出てきました。それは私の中学生時代の思い出が詰まったダンボールでした。
中にはそれぞれには観せられない点数のトライアルや部活の映像など思い出深い存在だらけでした。そうして卒業アルバムも入っていました。
奥様がそれを観ていたのですが「ここのパーツ無いよ」と言ってきたのです。何かなと思ったらそこはとある女房の面持映像が掲載されているパーツでした。
当時びいきだったクラスメイトがあり、報告も出来ない通り卒業を迎えてしまいハイスクールも違う結果巡り合う事がなくなった人の映像でした。それをこちらは切取り自分の映像の映像盾に入れ夫妻の映像を作っていたのです。その人は同窓会でばったり会い、当時びいきだった事を話すとお人付き合いする事になりウェディングへ到る事が出来ました。
切り取った面持映像は中学校時代の奥様の映像なのです。
これを観た奥様のワンポイントは「カギっ」でした。
そんな会話を轟かせるそれぞれを好きになりやっと再会する事ができ結婚したのかといったちょっぴり悔恨しました。
当時はなぜあんなにびいきだったのかという自問自答しました。出会い系を京都府舞鶴市で使うならアプリがオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です